レポートの書き方

図書館では、レポートの書き方に役立つサービスを提供しています。

図書館で利用できるサービス

■図書

図書館では、レポートの書き方の参考となる本を多数所蔵しています。OPAC(蔵書検索)で探してみましょう。
→例えば、「レポート」「書き方」などのキーワードで検索します。
→実際に棚に行ったら、近くにある同じテーマの資料も眺めてみましょう。さらに役立つ資料が見つかるかもしれません。

■講習会

図書館では、レポートの書き方をはじめ、学習・研究をする際に役立つ講習会を随時開催しています。
開催情報はお知らせ講習会カレンダーをご覧ください。川内の本館ほか、各分館で開催されることもあります。
予約不要で当日参加可能なものもあります。お気軽にご参加ください。
・研究室等でのオーダーメイド講習会も受け付けています。(事前に研究室の担当教員にご相談ください。)
 →詳細は教員向けのこちらのページをご覧ください。

■講義

全学教育科目の1つとして、情報探索やレポートの書き方に関する講義を行っています。
「大学生のレポート作成入門-図書館を活用したスタディスキル-」
・講義の一部は川内の附属図書館内で行われ、図書館職員が担当する回もあります。詳細は上記リンク先をご覧ください。

また、教材も公開しています。
レポートの書き方以外にも情報探索の基本など、普段の学習・研究にも役立つものになっていますので、ぜひご活用ください。
「レポート力」アップのための情報探索入門/情報探索の基礎知識

館外で利用できるサービス

学習支援センター(SLAサポート)

学部1・2年生を主な対象に、学びをサポートする組織です。SLA(Student Learning Adviser)と呼ばれる先輩学生のスタッフが、学習の相談やサポートに応じてくれます。 学習相談のほかにも、不定期に各種イベントが開催されています。

【場所】 マルチメディア教育研究棟1F 学習支援センター(地下鉄川内駅そば)
 詳しくは上記リンク先のウェブサイトをご覧ください。


学習ハンドブック(SLAサポートページ内)

初年次の学生向けに作成された、「大学での学び」を理解するための教材です。レポートの書き方についても内容に含まれています。
図書館も作成に携わっており、上記リンクからPDF形式でダウンロードができます。
4月の学部オリエンテーションで配布されるほか、図書館(本館)でも配布していますので、ぜひご活用ください。


copyright(c) 1995-2016 Tohoku University Library 著作権・リンクについて