東北大学附属図書館 電子展示トップページ / 企画展ホームページ    
 ■第一部 日本料理の成り立ち

 □第二部 江戸庶民の食事

 □第三部 江戸の菓子・酒

 □第四部 仙台藩の食と名産品

料理書の成立   ※資料名をクリックすると、解説と内容例(画像)が表示されます。
 1 料理物語 寛永20年(1643)

 3 四條流料理秘伝書
 2 包丁式法 5巻

 4 日用食性 曲直瀬玄朔
 5 江戸料理集 6巻 延宝2年(1674)

 6 料理塩梅集 2巻 塩見坂梅庵 寛文8年(1668)

 7 料理網目調味抄 5巻 嘯夕軒宗堅(しょうせきけんそうけん) 享保15年(1730)

 8 料理秘伝記 9巻

百珍ものの流行

 9 豆腐百珍 酔狂道人何必醇 編 天明2年(1782) / <豆腐百珍 手作りレシピ集(PDF)>

10 豆腐百珍続編 酔狂道人何必醇 編 天明3年(1783)

11 大根一式料理祕密箱 天明5年(1785)

12 萬寶料理獻立集 器土堂主人(かわらけどうしゅじん)編 天明5年(1785)

13 萬寶料理秘密箱 前編・二編 器土堂主人(かわらけどうしゅじん)人述 天明5年(1785)

14 鯛百珍料理秘密箱 器土堂主人(かわらけどうしゅじん) 天明5年(1785)

15 甘藷百珍 珍古樓主人(ちんころうしゅじん)編 嘉永2年(1849)

多様な料理文化の普及

16 料理早指南 4巻 醍醐山人 享和元年(1801)

17 新撰包丁梯(かけはし) 杉野駁華(すぎのばくか) 享和3年(1803)

18 飲食物製造雑録 4巻

19 料理通 4巻 八百善主人 文政5年(1822)

20 東都高名会席盡(づくし) 歌川豊国等画 嘉永5年(1852)

21 会席料理細工包丁 浅野直隆 文化2年(1805)

22 普茶料理抄(ふちゃりょうりしょう) 2巻 西村未達 明和9年(1772)

23 新撰会席しつほく趣向帳 禿箒子(トクソウシ) 明和8年(1771)

24 南蛮料理書 森田四郎右衛門

25 阿蘭陀料理献立(おらんだりょうりこんだて)

26 阿蘭陀料理法(おらんだりょうりほう)

27 新編異国料理 又玄斎南可 文久元年(1861)
  □電子展示トップページ