東北大学附属図書館農学分館

  • 日本語
libraryimg

当館所属の方へ

図書の検収
  • 物品を購入した際に用度係で検収を受けるのと同様に、図書を購入した際は農学分館図書係で検収を受ける必要があります。
  • 図書の現物と納品書を持って、農学分館の事務室に来てください。
  • 図書館では月毎に支払を行うので、月を越えたりしないよう納品されたらすぐに検収を受けてください。
  • 購入時の財源によって支払手続きが、図書を資産とするか否かで現物の扱いが、それぞれ変わります。詳細は下記項目をご覧ください。

購入時の財源について

  • 大学運営資金・インセンティブ経費・寄付金の場合
    • 図書係で支払手続きを行いますので、納品書(請求書がある場合はそちらも)は図書係でお預かりします。
    • 研究室の予算を使う意思確認のため、「購入済報告書」(教員発注)にご記入と押印をお願いします。
  • その他(科研費・受託研究費等)の場合
    • 用度係で支払手続きを行いますので、納品書・請求書等の必要書類を用度係にご提出ください。

資産・消耗品の別について

  • 図書を資産として登録する場合は、登録処理のため現物をお預かりします。登録が終わりましたらご連絡いたしますので、取りに来てください。
    ※科研費で購入して資産とする場合は、別途「図書寄付伺及受入決議書」の提出が必要となります。
  • 消耗品とする場合は、そのままお持ちいただいて構いません。
  • 図書を資産とするかどうかの目安は次の通りです。
    • 長期(少なくとも1年以上)に渡って保存・使用するもの
    • 農学分野の研究・教育において、重要性の高いもの
  • 資産として登録した図書は勝手に廃棄することはできません。詳しくはこちらをご覧ください。
  • 資産として登録した図書は東北大の蔵書検索システムに表示されるので、閲覧・貸出の希望が入ることがあります。

研究室図書の返却

  • 研究室の図書のうち東北大の資産として登録されているものは、勝手に廃棄することができません。
  • 研究室で不要となったり、保管場所の都合などで処分したい場合は、必ず農学分館へご返却ください。
  • 資産かどうかは以下の点をご確認ください。該当するものは資産です。
    ※蔵書印以外は表紙・裏表紙の内側数ページ以内にあるので、必ず中を開いてご確認ください。
    • 東北大学の蔵書印、または受入印が押してある。
    • 登録番号(A○○‐○○○○というような番号)が印字されている。
    • 「東北大学図書」と書かれた、数字またはバーコード付きシールが貼ってある。
  • 判断がつかない場合も、念のため農学分館にご返却ください。
  • 数冊程度なら直接お持ちいただいても構いませんが、多数の返却本がある場合は事前にご連絡ください。
    連絡先は内線(96)4024、または電子メールで「alib"アットマーク"grp.tohoku.ac.jp」です。

その他

その他お知らせ等ありましたら随時更新していく予定です。